ハッピーメールでセフレづくり:STEP 2

メッセージのやりとりを終わらせない


出典「ハッピーメールでセフレを作る方法|セックスまでの具体的な5つのステップ」さま


セフレ候補として気になる女性を見つけた後はメッセージを送らなければ進みません。

また仲良くなる為にはメッセージを続けることがコツで、しばらくメッセージの交換をしているうちに警戒心が打ち解けてきます。

まずはやり取りを続けるために押さえておくべき定番ポイントを知っておきましょう。



初回メッセージで相手の関心を掴む

最初のメッセージでは相手にインパクトを与えて関心を掴むような内容を送るように心掛けましょう。

ありがちな文章ではなく気になって返事をしたくなるようなアピールを文章で伝えます。

まずはプロフィールや日記を読んで、趣味や嗜好を理解した上で共感するようにしましょう。

オリジナル文が一番いいのでアレンジは必要ですが、定番テンプレートとして参考にしてみてください。


○○さん、はじめまして。

プロフィールを見て好きな映画が同じなので興味を持ちました。
日記に書いてあった、君の名は。ぼくも3回観ました。
今度もっと気になる作品があるので、よければお話しませんか?

それから○○さんのお仕事、素敵ですね!
もっと知りたいのでお返事もらえたら嬉しいです。

よろしくお願いします。



初回は文章のボリュームも長すぎず短すぎず、120~200文字程度で良いと思います。

相手との共通点をしっかり把握して、相手を褒めるというパターンは有効です。

今後の話の展開に繋がりそうな話題や質問を振って、関心を掴みつつ返事をしやすい文章を送りましょう。



最初から下ネタ全開のトークをしない

女性に下ネタを言ってもメリットがありません。

セフレを探しているので下ネタに対してもフランクに返せる女性がいたとしても、いきなり下ネタ全開のトークというのは品が無さ過ぎますからね。

プロフィールに「下ネタ大好き」など書いてあるのなら別ですが、セフレという間柄は信頼関係も必要ですから、まずは信頼されるためにもありきたりの話やお互いのパーソナルな部分までに止めましょう。

メッセージのやりとりを続ける中で距離が縮まってきたあたりから、笑いのツボが合えば下ネタを繰り出すのも良いですね。

そもそも下ネタに対するイメージが男女で違いがあるので、理解しておく必要があります。



相手の興味があるとこをきっかけに話題を広げる

相手の好きなことや趣味にこちらから共感することも大事ですが、もし相手がやってみたいことや興味を持っている事が日記などで分かれば、それをきっかけに話題を広げましょう。

相手にとっては自分の興味のあることについて、詳しい人や経験者が現れればその人に関心を持ってくれますよね。

海外旅行に興味があれば自分の思い出やおすすめを話してみたり、「食べてみたい」というものが書いてあれば誘ってみるチャンスにもなります。

もちろん日記やプロフィールで興味のあることについて触れてなければ、メッセージのやりとりの中で聞いてみたり、興味を持ちそうな話を自分から切り出してみることも大事です。

話題を広げながら興味のある話のネタまでつなげていき、出会うきっかけを作るのが大事なポイントです。






おとなのコンテンツも充実のハッピーメールです。


ハッピーメール<18禁>



ハッピーメールでセフレづくり :トップへ

トップページへ


 
inserted by FC2 system