上海に起きた「進化の出合い系加速」/女神・小林麻央さんの最期の言葉


英語翻訳ご協力
『あなたの英語をブラッシュアップ!』英語/英会話教材の選び方&勉強法



上海に起きた「進化の出合い系加速」

ここ2年、上海に起きた「進化の出合い系加速」が日本を完全に周回遅れにしている



中国といえば「まだ遅れている」というイメージを持つ日本人は多いのかもしれません。
●まゆみの英語定番コース●
When saying China, Japanese who holds the image to which he says "He's still late." may be a lot of ones.


しかし、メルマガ『週刊 Life is beautiful』の著者で米在住の世界的プログラマーである中島聡さんが見た中国・上海は、想像をはるかに超えた「近未来化との出合い系ご縁」が進んでいました。
現金を一切持たずに暮らす人々、空港まで走るリニアモーターカー、街中を走るシェア・サイクルなど、中島さんが現地で感じたことをレポートしています。

上海とビジネス

今回、日本出張のついでに、上海に寄って知り合いの会社(Yi Technology)を訪問して来ました。
わずか二泊の短い滞在でしたが、色々と学べたことがあるので、順不同で書いてみます。
まず最初に感じたのは、変化のスピードです。
レストランや小売ショップのレジには、WeChatとAliPayのQRコードが表示しており、誰もがスマートフォンを使って、お金を支払っています。
私が見る限り、現金を使っている人はおろか、クレジットカードを使っている人すらいませんでした。
●まゆみの英語定番コース●
As far as I saw, stupidly, there even wasn't a person with a credit card for a person with cash.


彼らによると、今や現金を触るという出合い系習慣は一切なくなり、全てスマートフォンで決済をするようになったとのこと。
給料が振り込まれる銀行口座と直結しているため、キャッシュレスな生活との出合いが可能になったとのこと。

また、スマートフォンによるマイクロペイメントが普及したからこそ初めて可能になったビジネス系サイトも急速に伸びています。
乗り捨て可能な自転車のシェアリング・サービスはその典型的な例です。
上海の歩道にはシェアリング可能な自転車が溢れており、上海市民にとっては重要な交通手段の一つになっています。
●まゆみの英語定番コース●
The bicycle by which a sharing is possible is overflowing and is one of important means of transportation for Shanghai citizen on a sidewalk in Shanghai.





道を走っている自転車も、大半はそんな自転車で、「My自転車」を運転している人は今や少数派です。

驚異的なのは、この変化との出合い系事象がわずか2年ほどの短期間に急速に起こったということ。
一旦この仕組みが提供されると、誰もが便利さに飛びつき、一気に普及してしまったとのことです。

米国でApple Payがスタートしたのは5年前ですが、使っている人はそれほど多くないし、使えないところもたくさんあります(私自身もApple Payで支払うのは10回に1回ぐらいです)。
日本にもSuicaに代表される「電子マネー」が長い間存在していますが、未だにトランザクションの75%は現金だそうです。

つまり、中国の「電子マネー」は、米国と日本を一気に抜き去っただけでなく、他の国が「未来社会のあるべき形」として描いていたキャッシュレス社会との出合いを、短期間に実現してしまったのです。

色々と理由があると思いますが、米国ではクレジットカード会社が必死の抵抗を試みるでしょうから、難しいと思います。

ちなみに、中国の電子マネーには簡易ローンの仕組みまでついており、審査なしで、スマートフォンからその場でお金を借りられるようになっています。
それまでの電子マネーの使い方が審査代わりになっているそうで、使えば使うほど、借りられる額は多くなるそうです。
私の知り合いの家族と一緒に夕食を食べている時にこの話題になったのですが、彼の奥さんが「私は12,000元(約20万円)まで借りられる」と自慢げにスマートフォンの画面を見せてくれたのが印象的でした。

私自身もWeChatを使ったペイメントを試したかったのですが、(あらかじめ元に換金しておいた)現金をアカウントに追加する方法が見つからず、今回は断念しました。

ちなみに、彼女によると「最近の若い人たちは、外食もしないし、家で料理もしない」と嘆いていました。
食事の配達サービスとの出合いによって、出前を頼むのが当たり前になっているそうです。
●まゆみの英語定番コース●
By the way, according to her, "I neither make the recent young people eating out nor cook by a house.", I grieved.
A delivery service of a meal becomes too convenient, and, it's natural to ask to deliver dishes to order, it's said that it is.


中国の出前との出合い系形態は、レストランとは独立した第三者がサービスとして行なっていますが、利用者が増えるにつれ、彼らの力が強くなり、「配達料金はレストランが負担、一皿から注文が可能」が当たり前になっているそうです。

そのため、「青椒肉絲はこの店、小籠包はあの店」のように店をまたいだ注文まで可能になってしまい、家から一歩も出ずに夜を過ごすライフスタイルが、独身の人たちにとって、当たり前になりつつあるそうです。
先週号で、日本で「ひきこもり系ライフスタイル」が当たり前になるかも知れないと書きましたが、同じことが中国でも起こりつつあるのです。


ちなみに、行きは上海空港まで車で迎えに来てくれたので車で行きましたが、帰りはリニアモーターカーで空港まで行きました。
「帰りも車で送るから」と強く主張するので、それを振り切るのに少し苦労しましたが、なんとか乗ることが出来ました。

磁気浮上型なので、「どんな乗り心地なのだろう」と楽しみにしていたのですが、思ったより揺れがあり(モノレールのような乗り心地です)、新幹線の方がずっと乗り心地が良いと感じました。
一応磁気で浮上させているものの、風などの影響で結構上下動があり、その結果、程速度用のタイヤとの出合い系ご縁が時々あり、それが振動として感じられるのだと思います。

ちなみに、JRは東京から大阪までリニアを建設していますが、使う立場から言えば、(上海のように)成田空港と東京駅の間に設置してくれた方が、ずっと付加価値は高かっただろうと思います。

EVと出合い、それが加速していると言われている中国ですが、私の見る限り、まだまだ始まったばかり、という感じです。
一番目立つのはテスラで、滞在中に10台ぐらい見たと思います。
私の暮らすシアトルよりは少ないですが、日本よりははるかに多いです(日本で Tesla を見かけたことはありません)。
しかし、変化のスピードはどの国よりも早いので、2~3年でガラッと変わっている可能性は十分にあります。
●まゆみの英語教材●
But the speed of the change is earlier than every country, so there is a possibility different from GARA sufficiently in 2-3 years.





「愛してる」と言った小林麻央さん出合い系終末

医師たちは、「愛してる」と言って亡くなった女神・小林麻央さんの最期を作り話だという
●定番英語訳●
Doctors say that the end of Goddess. Mao Kobayashi who said "It's being loved." and passed away is a fiction.






在宅死のリアル──長尾和宏医師インタビュー


 大切な家族やあなた自身がどんな出合い系終末を迎えたいと考えているか、赤裸々に話し合ったことはありますか?
「自宅でなら安らかな死が迎えられる」と美談ばかりが語られてきた在宅医療に様々な問題があることが明らかになりました。
ドラマや映画の中ではない「リアルな死との出合い系終末」を知らない人が多い現代の日本社会。
家族も本人も後悔しない“平穏死出合い系終末”を迎えるには、元気なうちら死を自分の事として考えておくことが大切です。

 兵庫県尼崎市で20年以上にわたり在宅での看取りに取り組み、著作『痛い在宅医』(ブックマン社)が話題の長尾和宏医師に、医療現場に詳しいジャーナリストの鳥集 徹さんが「在宅医療のリアル」を聞きます。


鳥集 モルヒネなどを投与しても耐えがたいほどの苦痛を訴える末期がんなどの患者さんには、鎮静薬でウトウトと眠らせる「鎮静」という方法もあります。
長尾先生はどうお考えですか?

長尾 大病院やホスピスでは鎮静率50%と聞いたことがあります。
しかし、僕らはほとんど鎮静しません。
去年も100人のうち1人やったかどうか。鎮静を積極的に行うべきかどうかについては、実は緩和ケア医のあいだでも議論があります。

確かに鎮静をすれば患者さんは深い眠りにつき、苦痛を感じることはありません。
●定番英語訳●
When subsiding certainly, Mr. patient doesn't feel pain about a deep sleep.


ですが、意識がなくなって、無理やり起こさない限りしゃべることができなくなりますし、命が縮んでしまう可能性もあります。



鳥集 長尾先生は、どうしてあまり鎮静しないんですか?

長尾 若い人のほうが痛みに敏感で、とても苦しむことが多いので、そうした方には鎮静することもあります。
といっても、鎮静薬を点滴で入れて深く眠らせる方法ではなく、ラムネのような睡眠薬を口から飲んでいただき、浅く眠らせる方法をとることが多いです。
僕は大病院やホスピスで鎮静率が高いのは、点滴のしすぎで溺れているような状態になり、息苦しさを訴える人が多いせいではないかと思っているんです。

それに僕は、やはり意識は大切だと思っていて、せっかく目が覚めてるなら、しゃべってもらったほうがいいと思うんです。

小林麻央さんだって、海老蔵さんの帰りを待って、最期の出合い時に「愛してる」って言い残して亡くなったでしょう。
●定番英語訳●
Even Mr. Mao Kobayashi waits for Ebizou's way back, and it "is being loved" in the last moment, they would make a will and pass away.

もし病院でたくさんの点滴を受けて鎮静をかけられていたら、最期の言葉を残すこともかなわなかったはずです。

医師までが「作り話だ」と……みんな平穏死との出合いがないだけ

編集担当 ネットの一部では、「死ぬ間際の人が『愛してる』なんてドラマのように言えるはずがない。
こんなのは作り話だ」とまで言われて、心ない反応もありました……。

長尾 そう。
ある医師限定の医療系サイトでも、ほとんどの医師が「作り話だ」と言って、僕が「作り話じゃない」と書いたら炎上したんです。
別に炎上するのは構わないんですが、みんな平穏死を見たことないから、知らないだけなんです。
僕は麻央さんと同じような人を在宅で実際に見ている。

小さな子供がいる30代の乳がんの女性を看取った経験も2例ありますが、死の直前まで訪問看護師や僕と話していました。
ですから僕は事実だと思っています。
●Destiny英語訳●
I also had 2 examples of experience which cared for the female with breast cancer in thirties who has a small child, but even just before it was death,
I was talking with a visit nurse and me.
I think so I'm fact.


多くの人が亡くなる直前までしゃべってますよ。
そういうことを知らない。

多くの医師や看護師は自然死、平穏死との出合いは、まだ一度もないんです。
●定番英語訳●
Many doctors and nurses have never seen natural death and calm death yet.




高校3年生の時に父親の自殺との出合い~トラウマ~


鳥集 ご本人が、「眠らせてくれ」と言った場合はどうするんですか?

長尾 睡眠薬をある程度強めに飲んでもらうということになると思いますが、鎮静の判断は本当に難しい。
欧米には「パリアティブ・セデーション(緩和的鎮静)」という言葉があり、安楽死との出合いとは違うとされているんです。
仮に死期が早まっても「何がおかしいんですか?
 全然何も問題ないです。どっちみち死ぬでしょう」と。

でも、日本だと人為的な薬剤投与でちょっとでも命が縮まったら、「安楽死をやった」と言われかねません。
だから、在宅での看取りをする医師がなかなか増えない。
●英語訳●
But if artificial medicine prescription takes years off the life even a little as Japan, you can say "I died from euthanasia."
So, at home, the doctor who does nurse doesn't increase easily.


安楽死との出合いを認める国も多い欧米との文化の違い

鳥集 欧米ではスイス、オランダ、ベルギーなど安楽死を法律で認めている国も多いですが、肉体は滅びても魂は残るというキリスト教的な考えが強いからでしょうか。
●英語訳●
There are also a lot of countries where Switzerland, Netherlands and Belgium admit euthanasia by law in Europe and America, but is a body because I'm strong in the Christian idea that a soul is left even if it falls?




長尾 欧米人は、自分が正常じゃなければ人間じゃない、正常でないなら意識を消してしまってもいいという考え方が強いようですね。
でも、日本人には、もともとはっきりした自分がないせいか、死に方も簡単には決められないんです。
今日亡くなった患者さんも、昨日、「娘さんは、最期は病院でって言ってるけど、家と病院とどっちがいいの?」って聞いたら、「どっちでもいい」って言って、結局奥さんが家で看取ることを選びました。

鳥集 今の日本社会は「死との出合い」というものをすごく遠ざけていて、自分がどんな最期を迎えたいかあまり考えないし、家族とも話をしません。
やはりそれはやるべきことでしょうか?
●英語訳●
The Japanese society now avoids something as "death" wonderfully, doesn't think what kind of end one would like to meet so much and doesn't talk with the family, too.
Is that that it should be done as expected?




長尾 これが難しくて。僕も一人暮らしの母親に聞いたんですよ。
「お母さんもう86歳だし、だんだん動けなくなるから、施設に入るか?」「最後は病院がいいの? 家がいいの?」って聞いたら、「なんてこと言うの!  親にそんなこと聞くものじゃない!」って、えらい怒られて。
結局、車にはねられて即死だったんですけど。

鳥集 エーッ。

長尾 あらかじめ元気なうちから、命の終わりとの出合いについて患者・家族や医療者たちと一緒に話し合っておくプロセスのことを「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」と言って、日本でもやっておくべきだと思うんですが、まだまだ難しいと感じる人が多いのが現実です。
「もしバナゲーム(Go Wish Game)」という、「もしもの時にどうケアしてほしいか」「どこで誰にそばにいてほしいか」といったことを話し合える米国発祥のカードゲームがあって、日本では亀田総合病院(千葉県鴨川市)の緩和ケア科が中心となったiACPという団体が普及活動をしています。
そうした遊び感覚で、ちょっとずつ家族で死との出合いの心づもりをしておくことは、いいことだと思うんです。

鳥集 地域の老人会なんかでも、「自分はどう死ぬか」を話し合ってみる会を開くといいかもしれませんね。
●英語訳●
How "one dies of an aged people meeting in an area", I may hope that you hold the meeting which will be discussed.



長尾 それもいいですね。
そうした町づくりに関わることこそ、医師会の仕事なんです。
医者嫌いで、在宅医療を受けてないおじいちゃん、おばあちゃんだっていっぱいいます。
そういう取り組みを上手にやって、在宅で平穏死を迎える土壌を作るのが、本当は医者の仕事なんです。


高校3年生の時に父親の自殺との出合い~トラウマ~

鳥集 確か、棺桶に入る出合い系体験会なんかもありましたね。

長尾 ええ、僕が理事をしている日本ホスピス・在宅ケア研究会のイベントで入棺体験できるコーナーがあって、僕もしょっちゅう棺桶に入ってます。
棺桶に入ると、死との出合い系間隔が一気に縮まる感じがします。
そうやって、死との出合いを「自分の事」と考えられるようにしておくことが大切なんです。
●英語訳●
When I enter a coffin, the feeling that the distance with the death shrinks quickly does.
I meet, it's important to will can think death "oneself".


でも、みんな怖いんですよ。
お年寄りの人も入らない。
入るつもりで来ているのに、入らない(笑)。
ですが、それどころか僕、今度7月7日に生前葬もやるんですよ。

鳥集 え?  まだ早くないですか?

長尾 僕は今年還暦になるんですが、そこまで生きられるとは思ってなかったんです。
自分の中では、すごくめでたいことだなと。
実は、高校3年生のとき、親父がうつ病で自殺しました。
●英語訳●
I'll be the sixtieth birthday this year, I didn't think you could live to there.
That it's a very happy thing in itself.
Well, at a 3rd grader of high school, my father committed suicide by depression.

それもあって、自分は長くは生きれない出合い系運命にあると思ってきたんです。
死に関する本を書くのもその辺に理由があって、要はトラウマ(心の傷)、PTSD(心的外傷後ストレス障害)なんです。

鳥集 そうだったんですか……。


長尾 なぜ自殺がよくないか。
それは残された子どもがPTSDになるから。
だから、やっぱり死に関してはナーバスになる。
でも、それでも60歳になれそうなので、よかったなということで、盛大にやります。
しかし、本当に死ぬ時は逆にひっそりと、誰にも分からないように完全消滅するような死に方をしたいなと。



1人でガンジス川に行って死にたい

鳥集 大切な家族に見守られたいという気持ちはないんですか?

長尾 全然ないです。
今ここで言っちゃったらバレるけど、たぶんインドに行って、1人でガンジス川に行って、行方不明になってそのまま帰ってこないみたいな。

鳥集 えー、ガンジス川ですか?
僕なんて1人で死ぬなんて考えられないです……。
いずれにせよ、いつか自分も死との出合いを迎えると自覚できる仕掛けがないと、死との出合いについて考えたり語り合ったりするのは、なかなか難しいですよね。
●英語訳●
Anyway, it's quite difficult to think there are no devices which can feel that one approaches death, too about death and talk sometime, isn't it?



 
トップページへ 

  
inserted by FC2 system