麻木久仁子さんの、出合い系悪縁良縁

脳梗塞と乳がん・ダブル出合い


英語翻訳ご協力
えいごOLの【英語/英会話教材の選び方&勉強法のコツ】


Good morning!Kuniko Asagiです。

私は乳がんとの出合い系悪縁良縁から5年たち、区切りの検査を二つ受けてきました。
■英語勉強■I was having two examinations of 5 age and an end from the dating bad relationship good match with the breast cancer.

マンモグラフィーの結果は、後日、主治医から説明してもらうことになりますが、超音波の方は横目で見ていても異常はなさそうで、お先に一安心しました。
5年は、長かったような短かったような――。
いや、やはりあっという間のKuniko Asagiです。

がんだとわかった時の驚きが、つい昨日のことのように思い出されますから。
■英語勉強■Because the surprise when finding out that it was cancer, is only remembered like yesterday.





そもそもは7年前の脳梗塞との出合い系悪縁でした。
健康には自信があったのですが、右半身が痺(しび)れる症状が突然表れ、あわてて病院に行くと、そう診断されました。
血圧は高くなく、生活習慣病もなく、これといったリスク要因はないと思っていた麻木です。
幸いにも軽症で、後遺症もありません。
その時は、50代を目の前にして、「そろそろ体の使い方を変えなさい」という神様の思(おぼ)し召しかな?などと思っていました。
せっかく軽かったのだから、これからは健康管理をしよう。
そんな思いで申し込んだ人間ドックで、今度は乳がんが見つかりました。
それも、左右の胸に同時に発生していたKuniko Asagiです。

またも出合い系悪縁!!当時は、「胸の大きい人の方が乳がんのリスクは高い」という俗説を信じて、人ごとだと思い込んでいたので、これもまた意外でした。
■英語勉強■It was fancied those days believed the popular belief I say "Person's buxom person had breast cancer, the risk was high.", and that was other people's affairs, so this was also unexpected.

健康管理意識の低かった私が、幸いにも早期発見に至ったのは、本当に偶然のようなものです。
梗塞をわずらったことで、たまたま乳がんを発見できたのです。

脳梗塞は、出合い系良縁だったのです。
■英語勉強■Breast cancer could be found by chance by having light cerebral infarction.Cerebral infarction was the dating good match.

手術、放射線、ホルモン療法との出合い系奮戦手術、放射線治療、ホルモン療法を続けて、まもなく当初の治療計画を終了します。

この5年は、治療の5年であると同時に、がんについて学ぶ5年でした。
自分も、叔母を乳がんで亡くしている麻木です。
といっても、40年も前のこと。
いまやBreast cancer treatmentは、検査、治療、再建など、あらゆる技術の面で進歩しています。
さまざまながんの中で、比較的予後の良いがんとも言われています。
どの部位にできた、どのステージのどんな性質のがんなのか、また、患者の体力や体質、持病の有無などによって、治療の仕方は変わってくる――。
そうした、がんの多様性は、自分が発症して、初めて学んだことでした。
私が受けたのは乳房温存術でしたので、再建はしていません。
Breastの形は少々ゆがみましたが、気になるほどではありません。

Breastを見るたびに、早期発見で助かったありがたさをしみじみ感じます。
■英語勉強■Every time a breast is seen, thankfulness saved by early detection is felt deeply.

そのあとのRadiation treatmentでは、左右に30回ずつ合計60回照射しました。
毎日通って、少しずつ放射線を当てていくのです。
乳房の奥には心臓や肺などの重要な臓器があるため、胸には照射位置の目安になる碁盤の目の線がマジックで描かれ、位置決めは念入りに行われます。
放射線焼けで、皮膚が薄い乳輪からはじくじくと血が滲(にじ)み、すべて終わる頃には、胸全体が赤黒くなった麻木です。

今はすっかりきれいですが、汗腺は機能しなくなりました。
■英語勉強■It was completely beautiful now, but a sweat gland didn't function any more.

体中から汗が噴き出すような時でも、胸だけはサラサラで、その度に治療のことを思い出します。




2人に1人、Cancerになる現代…


Treatment中でもWorkingできるように願う麻木なのです。
■英語との出合い■
I who wishes that one during whole treatment can work.


病院に通った5年間で、Cancerを取り巻く環境が変わってきたのを感じる麻木なのです。
初めの頃は、患者会やウイッグ講習会のポスターなどがよく目に付きました。
しばらくすると、「Cancerになっても、あわてて仕事をやめないで」というチラシが置かれるようになりました。
通院で抗がん剤治療を受けられる態勢が増えてきたからです。
最近は、ハローワークのポスターをよく目にする麻木なのです。
治療中でも就労できるような情報や助言を受けられる体制作りが進められているからだそうです。

2人に1人がCancerになるという時代ですが、実際の患者さんは、様々な状況に置かれます。
■英語教材■
1 person for 2 people is the time when he has cancer, but Mr. actual patient is put in the various situation.

治療に専念した方がよい人もいれば、日常生活と折り合いをつけながら治療できる人もいます。
どんなに健康に気遣っても、がんになる時には、なってしまいます。
それが自分でなくても、大切な家族や仲間であれば、「がんとの闘い」や「がんとの共生」と無縁ではいられません。
健康という「日常」とTreatment of cancerという「非日常」に、切り分けられる時代は終わりました。
これからは、「Treatment of cancerも日常の一角にある」として、患者が社会から切り離されることのないように、みんなでで支え合っていける社会環境やシステムが、どんどん整ってくれるといいなあ、と願う麻木なのです。



-----------------------------------------------------

麻木久仁子

 1962年、東京都生まれ。
学習院大学法学部入学

家庭の事情でやむなく中退。
テレビ、ラジオ番組で司会者、コメンテーターとして活躍するほか、読書家としても知られ、本の紹介サイトHONZや新聞で書評を書いている。
2010年に脳梗塞を発症。

12年には両胸に発症した初期の乳がんの手術を受け、現在もホルモン療法中。
■ここが、英語会話教材■
It's operated on for breast cancer in the early stage which appeared in both chests in 12, present is also in the hormone method of treatment.
講演会や取材などで闘病体験や検診の大切さを伝えている。
2016年には国際薬膳師の資格を取得した。





Kuniko Asagi女史の出合い〜脳梗塞と乳がん


右の手足が大変!動かない現実。

大変!…脳内に異変発生の出合い系赤信号か!

彼女は、才色兼備のタレントとして、報道番組やクイズ番組に引っ張りだこでした。





雑誌の書評委員など文筆活動も加わり、順調に仕事をこなしてきた40代の終わり、彼女に脳梗塞と乳がんという二つの大病に出合いました。
■まゆみの英語教材■
She met a serious illness of two, cerebral infarction and breast cancer in the second half of forties when a book review commissioner of a magazine also joins in literary activity and has worked smoothly.

運動との出合い系は無いが、栄養バランスを考えてほぼ自炊だし、人間ドックの検査項目も毎回Aが並ぶ。

健康には漠然と自信を持っていたのだが……


2010年12月、麻木久仁子女史が仕事に出かけるため玄関の鍵をかけようとしていた時だった。

急に彼女の右手、右足が異常にしびれて、動かそうとしても自由が利かない。

30秒ほどたつと治まったが、医療番組に度々出演して得ていた知識から、ある疑いが思い浮かんだ。

(私の手足の片側だけが動かないのは、脳に何か大変なことが起きているのではないか?)
■The Real world英語教材■
(May anything serious occur to a brain for only one side's of my hand and foot not moving?)
医療番組のスタッフに紹介してもらい、すぐに東京女子医大の神経内科に受診予約を入れた。

検査は5日後。


その間も麻木久仁子女史には、自宅で家事をしている時、運転している時など、1日に3、4回、同じ発作との出合いがあった。

検査2日前のクイズ番組収録中、解答をボードに書こうとした瞬間、右手が動かなくなった。

時間切れ寸前、動くようになり、何とかその場を乗り切った。

救急車を呼ぶほどではないけれど、これを繰り返していたらある日パチッと人生が出合い系終焉になってしまうのか。

怖くて不安なまま、検査までの日を過ごしていた
■まゆみの英語教材■
She was spending a day until a check while being afraid and worried.


-------------------------------------------------------------------

ストレス起因の脳梗塞との出合い系悪縁

麻木久仁子さんは、右手、右足が動かなくなる発作を度々経験し、東京女子医大で精密検査を受けた。

姿勢維持や視覚・聴覚の伝達機能を持つ中脳に小さな脳梗塞があるという診断だった。。

原因となる病気や障害は見つからず、主治医から「まれではありますが、ストレスが原因の可能性もあります」と説明された。
彼女には思い当たるストレス節はあった。





麻木久仁子さんは、発作と前後して前夫との出合い系不倫トラブルが騒動となり、連日マスコミに追われ、仕事も自粛せざるを得なかった。
■New英語学習指南■
Dating immoral trouble with an ex-husband made the neighborhood an attack, and was a turmoil
, and Asaki Kuniko couldn't help be run after by mass communication every day and also checking work.

「病気がきついのか、騒動ストレスがきついのかわからない状態。」


「わたしは、若い頃、売れない期間が長かったので振り出しに戻るかもしれないと考え込むと発作が起きて、症状を抑える薬を飲むということの繰り返しでした」
薬は完全に発作を抑えるわけではなく、軽減するだけしかない。

彼女は記者会見の時も、常に右手を左手で押さえ込むようにして、震えを気づかれないようにしていた。
■ここが、マユミの英語会話教材■
She also decided always to hold a right hand down on the left side at a press conference, and shiver was being done as you didn't notice.

 精神的に落ち着いたのは2か月ほどたった頃だった。
脳梗塞は1度発生すると非常に再発しやすくなる。
麻木久仁子さんは、再発との出合い系因縁を抑える薬を飲み、「起きたことは仕方ない。これから気を付ければいい」と気持ちを切り替えた。

「人間ってずうずうしくて、あれだけ検査したから大丈夫と、かえって自信を持っちゃったんですよね」
■まゆみの英語教材■
"The man is impudent, and because only that was checked, they're safeness and the one in which you have rather had a confidence."

 その後も毎年受ける人間ドックはAばかり。
安心感が芽生えた頃に、彼女に新たな病魔との出合いが待ちかまえていた。




「切除すべき出合い系事態ならば、心を鬼にして切ってください。」

しかし、気持ちは不安でいっぱい。

脳梗塞の発作との出合い系支障から1年8か月たった2012年8月。


芸能人の彼女は、毎年受ける人間ドックを、脳の検査など、いろいろ有りな東京女子医大の関連サイト施設に変えたばかりだった。
■まゆみの英語教材■
The checkup she who is a performing artist receives every year, be a cerebral check variously, it had been just changed to related site facilities in Tokyo Women's Medical College.

そこは偶然、最近話題の医療番組でマンモグラフィー検査を受けたクリニック。

人間ドックの中でマンモグラフィーとエコー検査を受けたところ、以前の画像にはない白いぼんやりした影が右胸にも左胸にも映っていた。
■まゆみの英語教材■
When a man mole fee and an echo check were received in the checkup,
the white dim shadow which isn't in the previous picture was reflected on a right chest and a left chest.

「わたしは、先生が『非常に早い出合い系段階だから、治療の選択肢はたくさんある』と言った時、ああ、これはがんかもと思いました」

いろいろ有りながん研究系サイト中央病院を紹介された。
後日、太い針をしこりに刺して、組織を採取する「針生検」をしたが、確定できない。
手術でしこりを取り、あわよくば取り切ってしまう「切除生検」に進んだ。

 しこりは右が0・7センチで、左が0・9センチ。乳腺組織の中にがんがとどまっている「出合い系非浸潤がん」でごく早期だった。

だが、乳首に近いサイトにあり、右は切除した端にがんが残っていたため再手術が必要だった。

 主治医から、「できるだけ温存しますが、安全のためにもっと取るべきだと判断した時は乳首・乳輪を切除するか、それとも温存して違う治療を考えますか」と尋ねられた。

最近話題の芸能人でもある彼女が「あるべき出合い系現実ならば、乳房を切除してください。。。仕事より命の方が大事だから」と言い切ったが、珍しい非浸潤がんの再手術までの時間、心が動揺を始めた。
■新米OLの出合い系英語勉強■
She who is also a topical performing artist recently declared "When it was a true dating substance, please remove a breast... Because the one of the life was more important than work.", but time until the re-operation of unusual non-invasive tumor, a heart has begun to fluctuate.





右胸の再手術で、乳首や乳輪まで切除するかもしれない。
■社会のさまざまな英語■
A teat and areola papillaris may be even removed by a re-operation of a right chest.


「問題があったら切除してほしい」という気持ちは変わらなかったが、再手術の予約をしたとたん、乳首・乳輪を失うというイメージが心に迫ってきた。
■社会のさまざまな英語■
The feeling that I say "If there was a problem, I wanted you to remove." didn't change, but as soon as a re-operation has been reserved, the image deprived of a teat and areola papillaris has approached a heart.

「私が私であるために貧乳の乳首なんて関係ないと思うのですが、ペチャパイなりに胸って大事なんです。

失ったらえもいわれぬ寂しさを感じるだろうと想像しましたよね」

彼女は胸を押さえて失った時の想像をしたり、乳首や乳房再建のことをインターネットなどで調べたりもした。
■まゆみの英語勉強■
The imagination when holding a chest and losing, was done and a teat and breast reconstruction were also checked by the Internet.

 「結局、その時にならないと自分がどう決断するかはわからない。」

「今の自分が最善の判断をしようとしても、周りの状況も変わるし、限界があるから、なるようにしかならないと考えるようになりました」



再手術前夜、Family doctorが
「医師が丁寧な説明をし、患者が選択するのは当然です。」
■社会のさまざまな英語■
"A doctor explains politely, and it's natural for a patient to choose."


「でも実際は医師が圧倒的に情報量が多く、強い立場だということをわかったうえで対話すべきなんです」と語ったのも印象的だった。

 「Family doctorはプロとして私以上に決断してくれていると信頼した瞬間でした。
患者の意思を無視する医療が続いてきたから患者の選択が強調されるわけですが、Doctorもプロとして責任を持ち、患者も医療の素人だと認識したうえで、対等に向き合うのが納得できる治療を受けるために必要だと思いました」



「それに、だからかそ、医師との社会的出合い系絆や信頼感も構築されるんですよね。」




 
トップページへ 

  
inserted by FC2 system