出合い系サイトを上手に歩く Vol.1-3

(3)プロフィールの書き方


出典「出会い系サイトの歩き方」様より
https://datingsite.jp/
人気者になる出会い系サイトのプロフィール作成方法



出会い系サイトに登録したら、まず自分のアピールの為のプロフィール作成を行います。

このアピールは最大限に活用するべきです。

登録した後、自分から異性のプロフィールを検索をして理想の相手を探したり、異性からも同様に新しくメンバー入りした自分の事を探し出してくれたりします。

この時のプロフィールの中身というのはすごく重要です。

何故なら、プロフィールは初対面の人に自分はこういう人物ですと紹介する、いわゆる名刺みたいなものだからです。

実際誰かと会った時、まずは相手の顔や服装など外見の雰囲気から相手の人物チェックが始まりますよね?

相手を深く知る前に、まずは見た目から相手の情報を得る訳です。

サイト上での出会いなら、すぐには会えません。

メールでやり取りして、お互い気持ちが合えば連絡先交換などが出来て会える流れになります。

まずは、自分がどういう人物であるのか。メールという文字だけの伝達手段方法で、いかに相手に自分の事を知ってもらうか。これがまず一番大切になってきます。

自分を知ってもらうには、異性に自分の事に興味を持ってもらわないといけません。

その大切な素材となるのがプロフィールなんです。

自分の顔写真を載せるのに抵抗がなければ是非写真を載せて下さい。

これは、写真無しのプロフィールの人よりも断然に異性に興味を持ってもらえますし、まずは外見から選びたいという異性から自分の事を早く見つけだしてもらえるからです。

ただ、どうしても抵抗があるっていう人は他のプロフィール欄やアバターに力を入れてください。

プロフィールの中身も、自己アピール欄や好きな食べ物や好きな芸能人とか、自分の個人情報を相手に知ってもらう記入欄が沢山あるので、これを一つ一つ丁寧に書き埋めつくしてプロフィールを完成させると、異性への好感度もかなり高くなり興味を持ってもらえる確率も高くなります。

是非プロフィール作成には力を入れて下さい。


ありきたりな文章はNo Good.

プロフィールだけでなくメールでも言える事なのですが、

「趣味は食べ歩き、映画鑑賞など。性格はマイペースで、人見知りします。人からは、明るいと言われます。」

これどう感じます?
この文から書いた本人の性格や人柄があまりイメージが湧きませんよね。


同じように

○○○(←TVタレント)に似ています。癒し系ってよく言われます。優しさなら誰にも負けません。人よりエッチです。」


自分はこんなにいい人間なのよ!という事をひたすらPRしたり、自分は自分はと自分の事を説明してしまうと、本当の事であっても、単なる自慢や独りよがりに聞こえてしまうことがあるから、これでは台無し。

人はイメージできないものは実感できないので実感できないものには興味なんて持たないんです。

誰かを判断する時、主にその人の行動を見て判断しますよね?

「自分は優しい」と言っても見えないのですからそれで優しいと思う人はいないんですよ。

それに優しい人間なんて当たり前。

だから、どのように優しいのか、明るいならどのように明るいのか、音楽好きならどんな音楽バンドが好きか例えば的な具体的な事を書けば全然違ったプロフィールになる事、間違いなしです。

ちなみにプロフィールや掲示板は何度か日を置いて更新するのが好ましいです。

連続書きや、ましてや一回だけではダメ。

メールのやり取りの中で、あなたに起こった出来事やエピソード、自分の取った行動の事実などを話すことがかなり効果的なんです。

長くなり過ぎないようにする事が肝心です。



プロフの自己紹介にネガティブな事は書かない

出会い系サイトに登録したら最初のうちにやる事、それは自己紹介文です。

自己紹介文がなければキャッシュバッカー以外からメールなんて来ませんし、自己紹介でマイナスなイメージでもメールは来ません。

どんな自己紹介文にすれば良いか、コツはネガティブな事を書かない事です。

「今まで恋愛で沢山失敗して来ました」は駄目!

出会い系サイトでのマイナス面と言えば、恋愛でのマイナス面が一番まずい項目です。

誰にだって過去に失恋したり、辛い恋をした事はあると思います。

しかし、自己紹介でそういったネガティブさを出してしまうと、女性から「面倒くさい人だ。」「性格が悪いんだな。」と思われてしまいます。

そのため、恋愛でどんなに辛い思いをしたとしても失敗談を語ったり、失敗したのは伏せておくようにしましょう。

自己紹介は履歴書や面接みたいなものです。面接で「前の職場でたくさんミスしまして...」と話したら、あんまり採用したくありませんよね。

それと一緒です。自分の弱みよりも、強みをアピールしていきましょう。


自己紹介は楽しい事を書こう!特技や好きな事などを盛り込む。

では実際に自己紹介で何を書いていけば良いのか?自分の強みって何?って思いますよね。強みは特技や好きな事です。

自分はこういった人間で、こういった事ができるから私といると楽しいですよーっていうのが自己紹介の良い書き方です。

「東京に住む25歳です。仕事はガテン系なので、体力には自信があります!一緒にオールしたり、話をしたり、お酒を飲んだり。

とにかく一緒に過ごしてくれる女性を募集しています。

特技はサーフィンで、週末は海に行きます。一

緒に海に行きませんか?

湘南は詳しいので、素敵なお店や穴場スポットを紹介しますよ。」

どうでしょうか?ネガティブなイメージなんて微塵も感じませんよね。

ガテン系はなんだか男臭くて...と思う女性でも、ガテン系ならではの体力をアピールする事で苦手意識を失くしています。

人に自慢できるような特技が特にないな...って人は、趣味や何をしている時が楽しいか書けば良しです。

ただし「部屋に引きこもっているのが好き」とか「アダルトビデオ鑑賞が趣味です」と言った内気系の趣味やエロ系の趣味はNGです。

部屋に引きこもっているのが好きならば、引きこもって何をするのが好きか書きます。

テレビゲームが好きとか、読書が好きなどを書けばネガティブにならず、同じ趣味の女性を見つけやすくなりますよ。

アダルトビデオ鑑賞が好きならば、DVD鑑賞にしておきましょう。

前向きな文章にするのが自己紹介のコツです。


(2)相手の見つけ方


プロフィールが明確に書かれている人を選ぶ


出合い系サイトで掲示板の投稿以外に相手の女性を選ぶ時のポイントをお教えします。

検索をすると出会いを求めている女性の書き込みが沢山出ていると思います。

どの人にメールを送っていいのか迷ってしまいますよね。

そこでメールを送る相手を選ぶ時のポイントですが、出来るだけプロフィールが詳細に書かれている方を選んで送ると良いでしょう。

この、プロフィールが詳細に書かれている子を選ぶというのは、サクラを見分ける為にもとても役に立ちます。






サクラやキャッシュバッカーの見分け方

プロフィールが空欄

サクラの場合、プロフィールの内容がいい加減なことが多いです。

最初のうちはわからないかも知れませんが、慣れてくれば怪しいと思う書き込みも見分けが付くようになります。

自分の趣味がはっきりと明確に書かれている方だと良いですね。

例えば、普段よく遊んでいる地域名が書いている人。

このような書き込みをしている女性はサクラである可能性はかなり低いと考えられます。

わざわざ地域名を書くと言うことは、「親しくなったらこの場所でお会いしたい」と思っている証拠です。

本気で恋愛したくて、いずれは会える人との交流を求めているからです。

あと、音楽が趣味という場合、ただ「趣味は音楽を聞くことです♪」と書いてあるよりは、具体的に好きなアーティスト名を書いている人のほうが良いです。

このように、明確なプロフィールを書いている人を見つけてメールを送りましょう。

サクラの場合、キャラを作っているだけなので「どんな音楽を聞くの?」と質問してもちゃんと答えられない人も多いです。

あなたも必ず良い出会いを見つけられるようになります。


掲示板の利用法

利用したい出会い系サイトが決まったらさっそく好みの相手を掲示板で探すのですが、掲示板で書き込みしている相手にメールするか掲示板に書き込みしてその返事を待つという2パターンあります。





どちらが会いやすいかというと自分(男)の場合は書き込みして返事をくれた子と会えたほうが多い気がします。

少なからず自分にメールをしてくれたのだから興味があるはずなので、そこからどう広げるかが問題。うまくいけば高い確率でアド交換してくれます。

もう一つ掲示板で相手に書き込み(返事)をする場合効果的なのは新着で新しく書き込みしている子が狙い目です。

女性の場合書き込みすると何十通とメールがくるので古い書き込みで返事をしてもインパクトがないと返事が返ってくる可能性は低いです。下手したら退会しちゃってる事もあります。

相手に返事を出す方法の人は小まめに出会い系サイトの掲示板をのぞいて新しく書き込みされてるかチェックしましょう。



(1)上手なメールの書き方、出し方





相手に送る最初のメール内容にこだわる。

手抜きの短文メールはNo Good。


出合い系サイトはメールのみでやりとりするというだけあって、最初のファーストメールでどんな人か判断されてしまいます。

単調で短いメールは基本的にダメなんですが、全部が全部長いメールではならないわけでもないです。

使い分けが重要です。

基本は下ネタNGで紳士に徹するべきですね。

サイト内で気になる男性女性を見つけたら、メールをしてコミュニケーションですが、先ほど述べたように1番最初のメールが、最も肝心と言えます。

出会い系サイトの利用者数(会員数)は、無料の場合は特に男性の方が多いので、実際に会う時や写メを送る、危険度やリスクは女性の方が高いです。

自然女性利用者の方が少ないのです。

ですから、女性の書き込みへメールを送る方が、逆のケースに比べて、返事をもらえる確率が低いと言う事になります。

最初のメールで気に止めて貰えるメールでないと、何も始まらないどころか、返信すら来ません。

では最初のメールで気に止めて貰うには、どんな書き方をすれば良いのでしょうか?

先ず短文はいけません。

自分の言える範囲での自己紹介と、その女性への意思表示を伝えます。



最初のメールの書き方



初回メールはある程度の長文が好ましく、決してコピーの使い回しが、分かるようなメールにならない様にして下さい。

ある程度の長文には成っても、極端な長文には成らない様に。

誠意が伝わり、好意を持たれる文面を心がけましょう。

もしも写メが添付可能なら、写メも一緒に送ると、更に返信率は上がるでしょう。

外見よりも、確かに1番大切ですが、外見は全く関係ない・・・

というのは綺麗事であり、女性の側だって多少は気にする物です。

それに相手の姿を見ることは、安心感にも繋がり、女性ならではのリスクへの恐怖感を、薄らがせる効果もあります。

最初のメールに関しては、以上を行えば、返信率はほぼ上がるでしょう。

それ以降のメールについては、あまり頻繁に送り過ぎないように・・・

だからといって、送らなさ過ぎるのもいけません。

女性は追いかけ過ぎると、逃げたくなるようです。

ファーストメールで気を引くには、自己紹介+相手のどこが気に入ったかを書く言葉プロフの自己紹介を書き終わったら、それに似たような自己紹介をファーストメールにプラスするのが女性の気を引く文章にするポイントです。

なぜなら、出合い系サイトだと女性は多くのメールを受け取ります。

そのため、メールをくれた全ての男性のプロフを読む女子ばかりではないからです。

ファーストメールでどんな男性か分かったら、印象に残りやすいメールとなります。

さらに、なぜその女性にメールを送ったのか気になった動機も書いておくと良いです。

ファーストメールをどんな女性にもばらまいているんじゃなくて、同じ趣味だからメールした、近くに住んでいて優しそうな雰囲気だったからメールしたなど、メールを送った理由も書いておきましょう。

プロフはテレビCMみたいなもので、ネガティブな事を書いたら自分を売り出せません。

売り出すためには、良い面を全面的に出します。趣味や特技など、自分が何をやっているのが楽しいのか考えて自己紹介を作りましょう。





会うまでのメール送信頻度

会うまでのメールは、3~10通位にしましょう。。

あまりがっついてメールのし過ぎで、逃げられないように。

逆に相手にメールを待たせる位の方が、上手くいくでしょう。



メールのボリューム

交わすメールの内容は短文を避け、3~7行位のメールが程よいでしょう。

ただ、相手が悩みなどを相談してきた場合は、しっかり長文で誠実に返しましょう。



トップページへ

  
 

inserted by FC2 system